価格

車の買い替えなどで現在所有している車を処分する際は、中古車市場での査定の方が正規ディーラーでの下取価格よりも、はるかに得をすることがあります。これは下取が、新車と比べてどの程度の価値なのかを基準に見積もりを出すことに対して、買い取りは1つ1つの部品レベルで査定してもらえるからです。

買い取られた車は、そのまま中古車として市場に出回ることもあれば、必要に応じてまたは、車の程度に応じて部品取りを行う場合があります。これらの部品1つ1つにも値段が付くため、ある程度大切に使ってきた車であれば、かなりの値段で買い取ってもらえるというわけです。

また中古車として販売する場合でも、車種や年式によって人気の度合いが違っており、人気車種であれば買い手も多く、高額での販売も可能となります。査定は新車と比較した価値ではなく、市場の需要に応じた価値で評価してもらえるわけです。結果として下取価格と査定価格では大きな差が出てきます。