車の下取と買い取り

人生の大きな買い物の1つに自家用車があります。車は人によってはかなり長い期間乗るもので、短い人でも5年程度は使用しています。やはり高額な買い物であることが原因ですが、それだけ買い替えのタイミングは前回の購入から間があくものです。このため車の処分に関しては不慣れな人が多くいることも事実です。

多くの人が正規ディーラーでの下取価格で処分してしまい、買い取り専門店での買い取り価格を聞いてあとで後悔することがあります。ディーラーはあくまでも新車の販売が目的であって、下取した車の再販については熱心ではありません。

一方で、買い取り専門店は中古車として販売する目的で購入しています。当然買い取りに付いても適切に見積もりを出してもらえます。こうした見積もり価格は正規ディーラーの下取価格の数倍になることもあり、市場の人気によっても変わってきます。買い替え時には損をしないように、いくつかの中古車専門店などで見積もりを出してもらうなどの行動が必要になります。